iPad版Numbersの使い方がわからない…「ショートカットキー」でエクセル並みに使いこなす

ショートカットキーって超便利!iPad
ショートカットキーって超便利!

iPadユーザーのみなさんは、macOSに標準搭載されている「Numbers(ナンバーズ)」を使っていますか?

Numbers

Numbers

Apple無料posted withアプリーチ

MicrosoftのExcelを使ったことのある人なら、ほぼ全員が「何もできないじゃん!」と嘆かざるを得ない超簡素なメニュー画面。でも使い方がわかれば、思ったよりは使えます。

しかし、Apple公式ページは図解が少ないためか、少しわかりにくいですよね…

きりん
きりん

Apple公式サイト探しても解決策が見つからない…

そんな攻略ガイドに乏しいiPad版Numbersの使い方を、あなたに代わって調べました!

使う前から「使えない」と一蹴されがちなNumbersの汚名返上なるか…?

結論:Numbersは外付けキーボードで効率が爆上がり

iPadで使える表計算ソフトで有名なものといえば、

  • Excel – エクセル(Microsoft)
  • スプレッドシート(Google)
  • Numbers ナンバーズ – (Apple)

どのぐらい違うのか、新規作成画面を見比べてみましょう。

エクセル(左)は私がサブスクリプション未登録のため、この図では機能制限がかかっている状態です。それでもメニューアイコンを見る限り、感覚的に使えそうなことはわかりますね。

一方、スプレッドシート(右)はエクセルほどのメニューボタン数は多くありません。しかし頻繁に使いそうな機能ボタンが表に出ているので、やはり使いやすそうな印象です。

さて、それでは我らがApple製のNumbersはどうでしょうか?

Numbers起動画面
Numbers新規作成画面
きりん
きりん

メニュー少なすぎ!!

テーブル(表)はあるので、とりあえずセルに文字を入力するぐらいはできそうですが…それ以外のことは全くの謎。

Numbersが使えない原因は…
  • どこに何の機能があるのか謎
  • 結局なにができるのかわからない

そう、つまり感覚的に使えない!
現代の主流である『誰にでもわかりやすいデザイン』から大きく逸脱する、むしろ挑発的なツール…それがNumbersです(言い方)

しかし、最初がわかりにくいだけで、実際必要な機能は全て揃っています。

例えば家計簿をつけたり、データ数値をまとめたりするとき、Numbersは意外と活躍します。

関数を用いた計算、別のシートからのデータ呼び出しなど、Excelでできる基本的な機能はNumbersにも備わっています

しかし、表の書式や形式を整えたい時はちょっと大変かも。なぜなら、iPad版のNumbersはMac版のものと比べてもメニューがかなり省略されているから。

Mac版Numbersならそれなりに使えるのに…!

きりん
きりん

てことはiPad一つで頑張る私にはもう無理じゃん…諦めよ

いや、ちょっと待って!

メニューは省略されていますが、機能はMac版とほぼ同じものが備わっています

せっかく機能があるなら、iPadでも使いたいですよね?

その解決策はズバリ、ショートカットキーです!

iPadでもMacと同じショートカットキーが使える

iPad版Numbersはメニューもかなり簡素化されており、やりたい作業がそもそも選択できない可能性もあります。ただし、メニューに無くてもショートカットキーはMac版Numbersと同じ。つまりiPadでもMac版と同じぐらいNumbersの機能を使えるのです

外付けのキーボードがあるなら、ショートカットキーを活用しましょう。というかiPadでNumbersをしっかり使いたいなら外付けキーボードはほぼ必須です。安いキーボードでいいので、ぜひ買って!

ちなみに私はBluetooth接続のこれ使ってます↓

  • ケースと一体型
  • タッチパッド付き
  • あまり重くない(410g)
  • 充電長持ち(経験上1日2時間使用で2週間は充電いらず)

帰省の時やお出かけの時も軽々持ち運び可能。気に入ってます。

iPadのキーボードについてはこちらの記事にも書いています。

さて、ショートカットキーの話に戻ります。

Windowsをお使いの方ならコピー(Ctrl+C)やペースト(Ctrl+V)あたりはご存じの方も多いかも知れません。Apple製のmac OSでも、それとほぼ似たショートカットが用意されています。

mac OSショートカットキー

コピーする:Cmd + C
ペーストする:Cmd + V

Ctrl(コントロール)キーがCmd(コマンド)キーに変わったぐらいで、ほとんど同じ感覚で使うことができます。

shift・Ctrl・option・cmdはよく使うので覚えておきたいですね
shift・control・option・cmdは特によく使うので覚えておきたいですね
きりん
きりん

Cmdキーを制するものがmac OSを制するのだ…。

その中でも「これは使える!」と感じたショートカットキーをご紹介します。

ペースト先にスタイルを合わせてペースト

ペースト先にスタイルを合わせてペーストする

Option + Shift + Command + V

各公式ページのデータを一覧表にまとめたい!
ブログやSNS運営をしているとそんな状況になることがありますよね。

エクセルのような表計算ソフトで見た目を整えれば、あとはWordPressにコピペするだけ!

のはずが、iPad版Numbersには『コピー先のスタイル(書式)に揃えてペーストする』という機能がありません

きりん
きりん

膨大な情報を、全て手打ちするのはキビシイ…!

考えるだけでもゾッとする作業ですが、そんな時もmac版Numbersと同じショートカットキーを使えばすぐに解決します。

実際にやってみましょう。

例として、iPadのNumbersでのショートカットキーをコピペでテーブル(表)に挿入したい時。

出典:iPadのNumbersでのキーボードショートカット

普通にペーストすると、せっかく整えていたフォーマットをガン無視されます。

これを、先ほどの[Option+Shift+Command+V]で貼り付けると…

枠線やセルの色など、元のままで貼り付けできました!

この通り!

ホームページ内で統一感のあるテーブルを作りたい時に重宝する機能です。

Numbersで統一感のあるテーブルを作るコツ
  1. テーブルのデザインテンプレートを作る
  2. 元データをコピーする
  3. Shift+option+Command+Vで貼り付ける

スタイルをコピー・ペーストする

段落スタイルまたはオブジェクトスタイルをコピー・ペーストする

コピーする
Option + Command + C

ペーストする
Option + Command + V

ショートカットキーのタイトル長い…!(Apple公式の表記です)

先ほどのショートカットと同じく、スタイルを統一するときに活躍するショートカットキーです。

なんと言っても段落スタイルをコピペできるのが素晴らしい!

iPad版Numbersにはセル内の段落を設定するメニューがないので、いざという時は本当に助かります。

例えばこんなとき。

オタマトーンの記事に使う比較表を作るため、公式のデータをコピペしてきました。

ペーストするとセル内に生まれた謎の余白
ペーストしたときに生じた謎の余白

この余白は何かな…?

おそらく公式の表をコピーするとき、WEB上の設定をそのままコピーしてしまったものと思われます。

エクセルやスプレッドシートなら「セルの書式」などで[余白]の数値を変更すれば済む話ですが、iPad版のNumbersにはセルの余白設定が見当たりません…

しかしこの問題も、ショートカットキーで解決しました!

横のセルからスタイルだけコピー&ペーストしました

「このセルだけなんかバランスがおかしい…!」というときにとっても便利なショートカットです。原因不明のスタイルの乱れも一発解決。

iPadでショートカットキーの一覧を見る方法

きりん
きりん

ショートカットキー便利だけど、

こんなのいちいち覚えてられないよ…なんかいっぱい押すし…。

そんなあなたに、とっても便利な方法をお教えします。

これはNumbersに限らずどのアプリを使っていてもできる方法なので、めちゃくちゃ役立ちます!

その方法とは…Command(⌘)キーを長押しすること。

Numbersアプリを起動したら、Commandキーを長押しすると…

commandキー長押しすると出てくるショートカットキーの一覧

Numbersで使えるショートカットの一覧が出てくるのです!

きりん
きりん

一覧の下部にはキーのカテゴリー分けまで!

初心者にはありがたいわ〜!

一覧に表示されるショートカットキーは、そのとき使っているアプリによって変わります。例えばSafariブラウザを起動しているときにCommand(⌘)キーを長押しすると…

こんな感じ。
ブックマークなどもショートカットキーで完結するとは。

ちなみに、この一覧に見慣れない記号がいっぱいありますよね…

これはmacの装飾キーを記号にしたもの。4つあるので覚えてしまいましょう!

  • ⌘ → cmd(コマンド)
  • option(オプション)
  • ^ → ctrl(コントロール)
  • ⇧ → shift(シフト)

macOSユーザーにはおなじみかも知れませんが、私のようにWindows上がりの方には大変ありがたい機能ですよね!ぜひ活用してください。

ショートカットキーの一覧を見る方法

Command(⌘)キーを長押し

まとめ:キーボード買ってショートカットキーを使おう

Numbersの可能性を探って色々調べてみました。

こんな人におススメ
  • これ以上アプリもアカウントも増やしたくない
  • 外付けのキーボードを持っている
  • できるだけ無料で表計算ソフトを使いたい
  • iPhoneや他の機器とiCloudでデータ共有したい

「使えない」という悪評の多いNumbersですが、ショートカットキーを使えば使い方の幅は広がります!

とはいえ、やっぱり面倒!(言っちゃった…!)

バリバリ表計算してデータまとめたい!
感覚的に操作したい!

そんな方は素直にMicrosoftのサブスクに登録するか、せめてGoogleスプレッドシートを使いましょう

きりん
きりん

スプレッドシートはオンラインのイメージが強いですが、

設定すればオフライン環境でも使えます!

あなたにあった表計算アプリを探してくださいね。

(追記)
新規作成から表の作成まで、 Numbersの基本操作を解説しています
とりあえずNumbers使ってみたい方は併せてご覧くださいませ!

ー ・ ー ・ ー

いずれにしても、外付けキーボードはあったほうが断然効率上がります。

丸型ボタンのキーボード、憧れる…!

タイトルとURLをコピーしました